酒の肴がビジネス書!(と小説と音楽と映画と経済ネタとたまにグチ)

晩酌をしながら読んだ本の中から、飲み屋でネタになりそうな話を紹介します。

Kindle Unlimitedオススメ!!『春の呪い』

Kindle Unlimitedオススメ!!

【春の呪い: 1 (ZERO-SUMコミックス)
小西 明日翔】
www.amazon.co.jp/dp/B01EI2EO1Q

『何やらとんでもない事が起こりそうな、起こらななそうなマンガの序章』

夏美は冬吾と交際している。
冬吾は江戸時代から続く財閥の御曹司で、イケメン、エリート銀行員だ。
元々は妹の春と交際していた。
春は冬吾に夢中だった。
だけど春は死んだ。19歳だった。

春が死ぬ直前、最後に呼んだのは冬吾の名前だった。
夏美は哀しくなった。
自分の名前を呼んで欲しかった。
なぜなら、夏美は春を愛していたからだ。
夏美には春が世界のすべてだったから。

今、夏美は死んだ妹の恋人と付き合っている。
冬吾と夏美が出かける場所は、
かって春と冬吾が出かけた場所と決めている。
冬吾からの交際申し込みに当たって夏美が出した唯一の条件だ。
そして春と冬吾が出かけた最後の場所へ
夏美と冬吾は向かった。
そこで冬吾の口から出てきた意外な言葉とは・・・・・・・。

タイトルがなんとも、古風なホラーっぽいです。表紙のふたりの男女の視線が意味深です。
暗くはないです。
でも妙な緊張感が続くマンガです。
緊張感のある中に、
たまに出てくるふたりの意外な天然ぶりが笑えたりもします。
不安と笑いは結構近い場所にありますね。

まだ始まったばかり物語のようで、続きがどうしても読んでみたいと思わせる作品です。
とんでもない事が起こりそうな、起こらなそうな、不思議な期待を持ってしまいます。
次作が出れば即読みです。