天然誤読生活

誤読とそら耳を恐れない書評と音楽レビューとトンデモ理論を書き散らすハートに火をつけて(くれるかもしれない)ブログです。

雪の降る日曜日は贅沢なつまみ読みで楽しもう。

f:id:lifeofdij:20180218132907j:plain意味もなく冷蔵庫を開けて、行儀悪くつまみ食いをすると、いつもの食べ物が、より旨く感じることってないですか?

 同じように本も、さぁ読むぞ!と気合を入れて読むのも楽しいですが、たまには、本棚の中から、こっちの本を少し、あっちの本を少し・・・みたいな読み方も楽しいです。いうならばつまみ食いならぬ、つまみ読みというところでしょうか。特に・・・。

続きを読む

エアロバイクに乗りながら本を読むと集中力ハンパないです。

エアロバイクに乗って本を読むと集中力がアップします。

f:id:lifeofdij:20180217131507j:plain

もともとなんの変哲もない格安エアロバイク。

f:id:lifeofdij:20180217123051j:plain

これと合体させるこんなものを用意しました。

続きを読む

【書評】おらおらでひとりいぐも☆桃子おばあちゃんの哲学にいいね100回連打した

 

おらおらでひとりいぐも 第158回芥川賞受賞

おらおらでひとりいぐも 第158回芥川賞受賞

 

 第158回芥川賞受賞作のこの小説すごい好きです。超のつく傑作だなぁと思いました。基本的には74歳のおばあちゃん桃子さんの思索と独り言です。で、その思索が地に足の着いた身近さがありながら、スケールがでかくて面白い。なおかつ心を震わせるんです。

その思索の内容は地球46億年の歴史から精神世界、それから一人暮らしの家に現れるネズミのことなど、大から小までいろんなことがごちゃまぜになっています。そして深くて鋭い。で、なんで桃子さんの思索はそんなに広くて深いのかというと・・・

続きを読む

元祖ライフハックの達人ロビンソン・クルーソーのノート術

 

ロビンソン・クルーソー〈上〉 (岩波文庫)

ロビンソン・クルーソー〈上〉 (岩波文庫)

 

 ロビンソン・クルーソーの最初の100ページくらいを読んだんですが、無人島での生活がなかなか始まりません。前置きが大体60数ページ続きます。サバイバル生活を読むのを楽しみにしていると少々スカされてしまいます。だけどさくさくと読み進みました。なぜなら島に着く前からすでに面白いからです。その面白さのポイントはふたつあります。まずひとつめは・・・。

続きを読む

文豪森鴎外の舞姫はイヤミスか?という話。

 

現代語訳 舞姫 (ちくま文庫)

現代語訳 舞姫 (ちくま文庫)

 

 はじめて森鴎外を読みました。夏目漱石は好きなので多少読んでるんですけど、同時代の鴎外はなんとなく苦手でした。なんか、お固いイメージがあって。それに森鴎外ってスーパーエリートですよね。加えて顔写真もたぶん文豪界随一の怖さだし(笑)

f:id:lifeofdij:20180213015139j:plain

で、そんな偉そうな人の本は読むのはキツイなぁ、ついでにページを開いときの、文章の字面からして、漢文ぽいというのか、古文みたいというか、見ているだけでこれ無理そうって思ってしまう。だから、ずっと鴎外は読んだことがなかったわけです。

ところがこのちくま文庫井上靖が読みやすく現代語訳をしている本なんですね。すごく読みやすいです。で、驚きました。鴎外自身がモデルの一人であるという主人公太田豊太郎という人物がけっこうダメダメなやつで親近感が湧いてくるんですよ。

そしてこの話、高尚で偉そうな気高い名作とかなんかではなくて、読み始めると、読みたくもなないのについつい最後まで読んでしまうという謎の吸引力をもつ現代のイヤミスみたいだ、と思ってしまいました。つまり、文豪界ナンバー・ワンの強面森鴎外のデビュー小説はイヤミスだった!という話。

続きを読む

読書のMy三種の神器が決定しました☆Google Home Mini

f:id:lifeofdij:20180211114125j:plain読書のMy三種の神器は、紙の本と、四色ジェットストリームと、Googleホームminiに決定しました。どんな感じかといいますと・・・。

続きを読む

食欲と読書欲と残す勇気

空腹は世界中で最上の調味料である セルバンテス 

食べ物の最高の調味料は飢えである。飲み物にとっては乾きである。キケロ 

 というような言葉がありますけど、これって読書も同じかもなぁという話です。心や頭が何かに飢えているときや、もっとマイルドな表現でいうと、頭が空っぽになっている時、いちばん面白く本を読めるんじゃないのかなぁと。つまり読書の最高の調味料は空っぽの頭であると。

続きを読む